NU+ ニュータスNU+ ニュータスNU+ ニュータス

サイト内検索

MENUMENU

NU+ ニュータス

サイト内検索

特集

「野菜」や「栄養」が不足しがちな方に1日分の野菜

  • PR

「野菜」や「栄養」が不足しがちな方に1日分の野菜

2022年07月11日[2022年07月25日更新]

  • この記事を
  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •   

「野菜350g分の主栄養成分※」にこだわって

「1日分の野菜」はその名の通り、厚生労働省が推奨する1日分の野菜摂取目標量350g分を、ぎゅっと濃縮した野菜飲料です。
使われている野菜はにんじん、ピーマン、トマト、小松菜など30種類。野菜を加工する過程で失われがちなβーカロテン、ビタミンC、カルシウム、マグネシウム、カリウムの5つの主要成分が摂れるよう、野菜350g分の主栄養成分を算出し、きっちりと補っています。
砂糖、食塩、香料は使っていません。野菜本来のおいしさや風味を楽しんでいただけます。

ここがポイント!

野菜350g分の主栄養成分※

ビタミンC 、β-カロテン、カルシウム、マグネシウム、カリウムもきっちり摂れるよ

毎日の食事にプラスして、手軽においしく野菜と栄養の不足を補おう!

野菜350g分使用。にんじん、トマト、アスパラガス、ブロッコリー、ほうれんそうなど選び抜かれた安心な30種類の野菜!

1日分の野菜(350g)の主栄養成分※がきっちり摂れる!

itoen_2022_1.png

※主栄養成分

「令和元年国民健康・栄養調査報告」から生野菜350g分の栄養成分を算出し、ビタミンA(β-カロテン)、ビタミンC、カルシウム、マグネシウム、カリウムの値を自社基準としています。

環境配慮への取り組み
伊藤園の野菜飲料について

お茶の会社として有名な伊藤園は、実は野菜飲料分野でもリーディングカンパニー。トマトジュースが主流だった1986年に、日本初のにんじんベースの「Natural Land 野菜ミックスジュース」を発売。1992年には「充実野菜」、そして2004年には「1日分の野菜」を発売し、野菜不足の現代人の健康を見守り続けてきました。
人々の健康的な毎日をサポートし、常に「安心な品質」であることはもちろん、「おいしさ」へのこだわり、そして環境への配慮も進化させ続けています。

紙パックアルミレスECO容器

これまで紙パックの野菜飲料には、アルミ層付きの紙パックが使われてきましたが、伊藤園ではアルミレスECO容器を採用。アルミレスECO容器を使ったアイテムが増加中です。アルミ層の代わりに使われているのは、バリア性のある環境配慮型フィルム。従来の容器と同じようにバリア性を保ち、長期常温保存が可能です。飲み終わったら、牛乳パックと同じようにリサイクルできます。

itoen_2022_2.jpg

itoen_2022_3.jpg

環境に配慮したECOボトル

野菜飲料の大型ペットボトルには、環境に配慮したECOボトルを採用しています。ECOボトルは、石油由来PET樹脂を使用せず、回収したペットボトルから再生したPET素材を再成型したもの(ボトルtoボトル)と、石油由来のPET 素材の一部を植物由来の素材に置き換えたものの2種類。2030年度までには全ペットボトル製品を、100%リサイクル素材へ切り替えることを目指し、達成に向けたロードマップに沿って進んでいます。

itoen_2022_4.jpg

株式会社伊藤園

www.itoen.co.jp

管理栄養士・栄養士が考えた「1日分の野菜レシピ」をこちらで掲載中

https://itoen.co/eiyou22wb

  • この記事を
  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •   

この記事が気に入ったらニュータスを
フォローして最新情報をチェック!

この記事のキーワード